キャッシングは一括返済できる範囲内で返済計画を立てて利用しています

キャッシングの商品概要には返済期間が最長7年などと記載されていますが、
お得に利用するなら一括返済がおすすめです。
キャッシングに申し込みする前に金利シミュレーションをしたのですが、
一括返済が最も利息を抑えられる方法だとわかったのです。
借入金を給料日に全額返済すれば、
発生する利息を大幅に減らせます。
給料日に無難に返済できる金額は3万円だったので、
それを超えないように借り入れしていました。
給料日前になると金欠になることが多く、
1週間前や3日前などによく借りていました。
給料日の3日前に3万円を借りたときは、
利息が30数円しかつかなかったです。
キャッシングは借入日数で利息が増えていく仕組みで、
借入日数が少なければ利息も減るからです。

 

 

一括返済を常に意識しているためか、
借りすぎてしまったことは一度もありません。
給料日に一括返済できない金額を借りると必然的に分割になり、
その分だけ利息が増えてしまうので、
必ず一括で返済できる金額しか借りないことを徹底しているのです。
こうした借り方を徹底できたのは、
クレジットカードの失敗経験が大きいですね。
クレジットカードは一括払いをすれば利息が1円も発生しません。
一方で分割やリボ払いにすると、
ときに商品代金を超える利息が発生することがあります。
リボ払いを選んでしまったときは本当に後悔したものです。
当時の経験があったからこそ、
キャッシングも一括返済を意識できたのです。

 

 

一括返済を徹底していると、
借入状況がはっきりとわかるのもいいですね。
給料日に全額返済をすれば借金がリセットされるので、
借金を背負っているというプレッシャーが生じません。
キャッシングで失敗している友人の借り方を見ていると、
とにかくたくさん借り入れをして、
毎月の返済額を最少額に抑えているのです。
毎月の負担を減らすという行為は、
利息を増やすことになります。
自身のリボ払いでの後悔や友人の失敗などが、
キャッシングの一括返済の徹底につながっています。